短い爪や弱い爪でもジェルネイルできる?

ジェルネイルとは、合成樹脂でできたとろみのある液体(ジェル)を爪に塗布し、UVライトで硬化させて作るネイルのことです。仕上がりとしては、透明感があり艶が美しく持続性が高いのが特徴です。また、耐久性が高く美しさが長持ちすることから、手入れが少なくてすみます。他にも装着感も軽く様々なデザインが楽しめるなどメリットが多く、現在、ネイルを楽しまれる方に大変人気があります。

 

ネイルのおしゃれというと短い爪や弱い爪ではできないとお考えの方も多いでしょう。しかし、ジェルネイルについて言えば短い爪でも弱い爪でも問題なくできます。ジェルネイルをすると厚くて硬いジェルが爪の補強になることから、むしろ健康に爪を伸ばしたい方や弱い爪の方にはおすすめです。ジェルネイルをしたおかげで爪が伸ばせるようになってネイルアートがもっと楽しめるようになったという方はとても多くいます。もちろん短い爪のままでもおしゃれなカラーやかわいいアートを楽しむことができるのもジェルの魅力です。

 

ジェルネイルは、その人の生活や施術したサロンの技術にもよりますが、だいたい2〜3週間ほど長持ちします。水仕事が多い方などは端からネイルが浮いてきたりとややはがれやすくなるようです。はがれてきたり、デザインを変えたい時にはネイルサロンに行って新たにジェルネイルをやってもらいますが、ジェルネイルを落とすには専用のリムーバーが必要です。市販のジェル専用リムーバーも
ありますが、ジェルは落とす時が最も爪を傷めやすいため、爪が弱い方はなるべくネイルサロンで施術してもらうようにしましょう。また、ネイルがはがれてきた際に気になるからと言ってそのまま無理矢理はがしたりするのは絶対にやってはいけません。まだくっついている爪の一部がジェルと一緒にはがれてしまいます。

 

きちんとした方法で行えばジェルネイルは短い爪や弱い爪の方の味方です。今まで自分には無理だと思っていた方も、ぜひネイルのおしゃれを楽しんでみてください。